Articles

データを分割してみる

この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

エクセルではデータを指定した文字列で区切る事が出来、その結果を指定セルへ表示させれます。
電話番号や郵便番号の場合、ハイフンを付けるかどうか人によって定義が違ってくると思いますが、セルを分ければ悩む事もないかと。

データの分割を使えば何かと応用が利きますので、頭の隅にでも残しておくと良いでしょう。
5-1.jpg



 区切り位置指定ウィザード


まず、隣の列を空けておいた方がいいかと。隣の列が空いてなければ作業前に列挿入。

メニューの「データ」 → 「区切り位置(E)...」で区切り位置指定ウィザードを開きます。
5-2.jpg

区切り位置指定ウィザード1/3
「-」ハイフンという区切り文字によって区切られているデータなので、上を選択し、次へ。
5-3.jpg

区切り文字は「-」ハイフンなのでその他にチェックを入れ、ハイフンを入力します。
データのプレビューを見ると3列に区切られているのが解ります。
5-4.jpg

ウィザード3/3は区切った後のデータをセルに返す時の書式設定。
ここで全てを文字列に変えておかないと、数値として設定され、頭の0を自動で取られちゃいます。
ここもプレビューを見ながら出来るので解りやすいですね。
5-5.jpg

表示先(データの返し先)を指定出来ますが、ここはA5と初期位置に設定しています。

これで区切りの完了です。
5-6.jpg


区切り文字列を漢字やひらがなの全角文字でも可能です。(但し1文字のみ)
㈱や㈲、URLを分割するときに「/」、メールアドレスの「@」なんかもいいんじゃないでしょうか?
関連記事




この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム
Name
Subject
Mail
URL
Comment

Password
Secret
管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ブログ記事を検索

SPONSORS

人気記事ランキング

ブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tweet

最新記事