Articles

メッセージボックスを使う

この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

41-0.png
マクロを実行する前に、本当に実行するか否か一度確認のメッセージくらい欲しいですよね。それがMsgBoxです。
画像付きでMsgBoxを紹介 (&自分の備忘記録として・・・)



まずはボタンの種類を選ぶ

メッセージボックスにも色々なボタンがあります。
「OK」と「キャンセル」や、「はい」「いいえ」など。
まず下の表で使いたいボタンの種類を選びます。使う値を覚えておく。  (YesNoが使いたいのであれば4)
定  数 値 画      像
vbOKOnly0 41-1.png
vbOKCancel1 41-2.png
vbAbortRetryIgnore241-3.png
vbYesNoCancel341-4.png
vbYesNo441-5.png
vbRetryCancel541-6.png


次にアイコン画像を選ぶ

上のボタンの種類と同じようにアイコン画像を選びます。
定  数 値 画      像
 0 アイコン画像なし
vbCritical16 41-7.png
vbQuestion3241-3.png
vbExclamation4841-4.png
vbInformation6441-5.png


それぞれの値を合計する

上の2つのボタン・アイコンを選んだらそれぞれの値を合計します。
たとえばYesNoボタンでインフォメーションアイコンだとすると、4 + 64 = 68 となります。

ではそれをどのように使うのかというと以下のように使用します。
Dim MyVar
MyVar = MsgBox ("表示したいメッセージ" , 68 , "MsgBoxのタイトル")


MyVarに返る値については「Yes」ボタンを押したならば「vbYes」という値が返ります。
「No」ボタンならば「vbNo」。

MsgBox内の改行

MsgBoxのメッセージについて改行する方法はどうするのか?
MyVar = MsgBox ("1行目" & vbCrLf & "2行目" , 68 , "MsgBoxのタイトル")
vbCrLfを使います。3行目・4行目をする場合も同じようにするだけです。


関連記事




この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム
Name
Subject
Mail
URL
Comment

Password
Secret
管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ブログ記事を検索

SPONSORS

人気記事ランキング

ブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tweet

最新記事