Articles

新関数 =SUMIFS()

この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

これは!!!過去に幾度と悩んだ処理。
この関数欲しかったんですよ!!!

処理としては=SUMIF()と同じなんですが、=SUMIFS()複数条件が使えるんです。いやーこれは誰もが望んでたんじゃないでしょうか?たしかに2003でも処理できない事はない・・・でも関数であれば尚良しですよね。
12-1.jpg

2003での処理もおまけで紹介



=SUMIFS()
関数ウィザード画面はこちら
12-2.jpg
まず一つ目の引数は合計対象範囲なので、売上高の列です。SUMIFと違うのは対象範囲を先に指定するという事です。(SUMIFは最後に対象範囲の指定)

次に条件範囲1と条件1・・・日付の列と"4月1日"
条件範囲2と条件2には品名の列と"鉛筆"

式で書くとこうなります。
=SUMIFS(C3:C12 , A3:A12 , "4月1日" , B3:B12 , "鉛筆")
12-3.jpg


条件数は127まで可能であり、かなりの幅広さを持っています。

Excel2003の場合は・・・
色々なやり方があるかと思います。=DSUM()を使ったり、マクロを使ったり。
ここでは簡単な作業セルを使用して2条件のSUMIFを使用してみます。

D列に以下のような計算式を入れます。
12-4.jpg
※日付データを扱ったが為、MONTH、DAY関数を使用しています。
D列に「○月△日品名」と表示させるために&で繋げます。

あとはSUMIFにて「4月1日鉛筆」という項目を条件指定すれば足せます。


この処理の仕方はD列を作業用セルとして使用しますので、好き嫌いがあると思います。
2007で複数条件が指定出来るのはやはり使いやすいですね。

関連記事




この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム
Name
Subject
Mail
URL
Comment

Password
Secret
管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ブログ記事を検索

SPONSORS

人気記事ランキング

ブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tweet

最新記事