Articles

漢字もあいうえお順に並び替える

この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

e30-1.png

名簿や出欠表、取引先一覧を作る時はあいうえお順(カナ順)に作ることはよくあります。(まぁ会社とかだと部署別だったりえらい人順とかの場合もありますが・・。)

取引先だと頭が漢字だったり、カタカナだったり、はたまたアルファベットだったりしますよね。そんな時に上手く並び替えたい時はこの関数を使いましょう。



フリガナ関数

この表は個人名ですので苗字は漢字ばかりですが、ひらがな、カタカナを含んでいても大丈夫です。
e30-2.png


まず、漢字だと正確なあいうえお順が作れません。
なぜなら漢字には色んな読み方があります。音読み、訓読み。それらを正確に並び替えるのはちょっと難しいです。
ですので、まずフリガナデータを作る事が重要になります。

フリガナはPHONETICという関数を使えば出せます。
e30-3.png


=PHONETIC( 参照セル )

そして並べ替えるのをA列の漢字のとこではなく、C列のカナの部分で並び替えるのです。
e30-4.png



するとあいうえお順どおりに綺麗に並び替えてくれます。
e30-5.png


注意点

A列、漢字を直接キーボードで入力した場合はExcelがその入力した際のカナを覚えています。
それとは違って入力せずに、別ファイルからコピー&ペーストした場合なんかだと、このPHONETIC関数を使ってもカナが表示されず、漢字のままで結果表示されてしまうのです。

そういう場合は再度打ちなおす他ありません。

繰り返しますが、Excelがカナデータを保持していないとPHONETIC関数は正常に動作しません。
カナデータの保持には直接入力するしかないのです。


これがPHONETIC関数の注意点です。
あまり完璧な機能ではないのでとりあえずで使ってみる程度でどうでしょうか。
関連記事




この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

トラックバック一覧

コメント一覧

Re: スポンサーサイト漢字もあいうえお順に並び替える

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

  • 2012/05/31
  • 株の初心者 ◆ -
  • [ URL ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム
Name
Subject
Mail
URL
Comment

Password
Secret
管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ブログ記事を検索

SPONSORS

人気記事ランキング

ブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tweet

最新記事